ハマさんの韓国旅

韓国語が話せなくてもここまで楽しめる!ハマさんが韓国旅のあれこれをお届けします。旅ができない今は韓国ドラマ「愛の不時着」について色々と語ってます。

ジョンヒョクのチラ見が止まらない〜貝プルコギの場面【愛の不時着】

ご訪問ありがとうございます

 

私の新しい「愛の不時着」時間が増えました

カーステレオとスマホをBluetoothで接続させると音楽が聴けますが

先日、偶然ドラマの音が流れてきて、あらまあビックリ!

 

それ以降は、車中でも

「愛の不時着 映像なし音のみ」

流して楽しんでいます

みなさんはどんな楽しみ方をしていますか?

 

では今回もよろしくお願いします

この色の部分は私の創作になります

(考察ではありません)

 

4話

自転車二人乗りで帰宅したジョンヒョクとセリ

f:id:hama-san2525:20201011234048p:plain

 

庭では隊員たちが貝プルコギの準備をしていた

f:id:hama-san2525:20201011231319p:plain

 

「こんな時間まで部隊に戻らなくていいの?」

f:id:hama-san2525:20201011234244p:plain

サボっちゃダメでしょう〜

 

「夜までここで作業だと中隊長が上官に話してくれました」

f:id:hama-san2525:20201011234412p:plain

だからサボリじゃないですよ

 

「中隊長が貝を買ってくれたんです」

f:id:hama-san2525:20201011234508p:plain

今夜はごちそうですよ!

 

並べた貝に油をかけ 火をつけるチス

f:id:hama-san2525:20201011234644p:plain

勢いよく炎が立つ

f:id:hama-san2525:20201011234746p:plain

 

「何なの?驚いた!」

f:id:hama-san2525:20201011234933p:plain

「ビックリしたじゃないの~」

 

セリを驚かせ 得意顔のチス

f:id:hama-san2525:20201011235054p:plain

これくらいで驚きやがって 食べたらもっと驚くぞ

 

「キャンプファイヤー?」

f:id:hama-san2525:20201011235227p:plain

 

「貝プルコギです」

f:id:hama-san2525:20201011235329p:plain

プルコギって肉だけじゃないのね~

 

「熱いので軍手をどうぞ」

f:id:hama-san2525:20201011235426p:plain

さすが”親切賞”のウンドン

 

「貝の身はこう食べる」

f:id:hama-san2525:20201011235634p:plain

「焼酎はこう飲む」

f:id:hama-san2525:20201012001032p:plain

 

「何よそれ」

f:id:hama-san2525:20201012001137p:plain

私は財閥令嬢なのよ 

そんなオヤジみたいな食べ方。。

 

「食べてみて」

f:id:hama-san2525:20201012001342p:plain

え~どうしよう 食べてみたいような 

みたくないような

 

「ブイヤベース以外の貝料理は食べたことがなくて・・」

f:id:hama-san2525:20201012001459p:plain

「火は通った?」 「ええ」

f:id:hama-san2525:20201012001712p:plain

そんなに言うなら食べてみるわ


セリの様子をみるジョンヒョク

f:id:hama-san2525:20201012002110p:plain

美味しいって言ってくれるかな

1チラ見

 

あら結構イケるじゃない

f:id:hama-san2525:20201012002436p:plain

「ほら これも」

f:id:hama-san2525:20201012002330p:plain

「困ったわね ソーヴィニヨン・ブランしか飲まないのに」

f:id:hama-san2525:20201012002631p:plain

庶民的なお酒は飲んだことないのよ

f:id:hama-san2525:20201012003000p:plain

 

またセリをみるジョンヒョク

f:id:hama-san2525:20201012002902p:plain

ユンセリ 焼酎もうまいぞ 

その味を知ったら 高級な酒が飲めなくなるかもしれないぞ 

2チラ見

 

「砂糖を入れた?」

f:id:hama-san2525:20201012003625p:plain

「いいえ」

「甘いわ」

f:id:hama-san2525:20201012003736p:plain

「不思議ね 甘い味がする」

f:id:hama-san2525:20201012003926p:plain

焼酎がこんなに美味しいなんて!

知らなかったわ!

 

お酒が進み

楽しそうなセリ

f:id:hama-san2525:20201012004258p:plain

 

横目でみるジョンヒョク

f:id:hama-san2525:20201012004410p:plain

お、よしよし ユンセリが楽しんでるぞ

3チラ見

 

何度もセリをみる

f:id:hama-san2525:20201012004610p:plain

4チラ見

 

そしてセリの笑顔を見て

f:id:hama-san2525:20201012004726p:plain

ジョンヒョクも嬉しそう

f:id:hama-san2525:20201012004942p:plain

 

また見ちゃおう

f:id:hama-san2525:20201012005237p:plain

5チラ見

 

ジョンヒョクの視線に気付いたのか

セリもジョンヒョクを見る

f:id:hama-san2525:20201012005438p:plain

 

あ、ヤバイ 目が合っちゃった

f:id:hama-san2525:20201012005553p:plain

ゆっくり目をそらすジョンヒョク

f:id:hama-san2525:20201012005655p:plain

バレてない? 不自然になってない?

 

セリはそのままジョンヒョクを見ているが

f:id:hama-san2525:20201012010008p:plain

うつむくジョンヒョク

f:id:hama-san2525:20201012010210p:plain

ピュア! 純すぎる!

ジョンヒョク改め ”純ヒョク”だわ

 

キュンキュンタイム これにて終了~

f:id:hama-san2525:20201012010354p:plain

 

ジョンヒョクくん

チラ見5連発!

 

セリが気になってしかたない

小学生の初恋か~~~!

 

 

 

2話冒頭で

ジョンヒョクが

f:id:hama-san2525:20201012010841p:plain

「我々の指示に従うように」といって

こんなこと言ってましたよね

f:id:hama-san2525:20201012011031p:plain

外出禁止

話しかけるのも

南朝鮮体制の宣伝も禁止

 

それが一緒に過ごすうちに

そんな指示あった?

というくらい 

f:id:hama-san2525:20201012011243p:plain

隊員のみんなと打ち解けていって

 

ジョンヒョクとセリにいたっては

お互い気になる存在に

いやそれ以上?

f:id:hama-san2525:20201012011648p:plain

もう恋が始まってるよね~

 

セリのことが気になってしかたない

ジョンヒョクの表情が

f:id:hama-san2525:20201012011812p:plain

もう たまりませんっ!ハムハム

ごちそうさまでしたっ!

 

 

 今回はここまで

最後までお付き合いありがとうございました

 

 

 

貝プルコギの日

「チョ少佐の家の前で迷子になればよかった」

f:id:hama-san2525:20201012013817p:plain

なんて言ってしまったのよね

失言したわ

 

僕がいない時に

そんなことを言ってたのか?

f:id:hama-san2525:20201012014028p:plain

ユンセリひどいな〜

 

ごめんねジョンヒョクさん

f:id:hama-san2525:20201012014235p:plain

お詫びにジョンヒョクさんのお願い

ひとつ聞いてあげるわ

 

本当? じゃあもう1回だけ

f:id:hama-san2525:20201012014715p:plain

”ヒョクちゃん”って呼んでほしいんだけど?

f:id:hama-san2525:20201012014422p:plain

 

 

 

ヒョクちゃん❤️ 大好きよ

f:id:hama-san2525:20201012015037p:plain

 

ユンセリ愛してる

f:id:hama-san2525:20201012015144p:plain

僕の家の前に来てくれてありがとう