ハマさんの韓国旅

韓国語が話せなくてもここまで楽しめる!ハマさんが韓国旅のあれこれをお届けします。旅ができない今は韓国ドラマ「愛の不時着」について色々と語ってます。

自転車二人乗り~偶然を装ってもバレバレなジョンヒョク【愛の不時着】

ご訪問ありがとうございます

「愛の不時着」視聴を終えた家族が

違う韓国ドラマを次々と観てますが

私は不時着の世界に留まったまま

 

あまりにもどっぷり過ぎて

大丈夫か自分?と思うときもありますが

どうやらお仲間もたくさんいるようで

心強いです

 

では今回もよろしくお願いします

この色の部分は私の創作です

(創作であって考察とは異なります)

 

 

4話 

大佐夫人の誕生日会に出席したセリ

f:id:hama-san2525:20201003142204p:plain

 

グァンボムからそのことを聞いたジョンヒョクは

f:id:hama-san2525:20201003142318p:plain

 

帰り道が心配でセリを迎えに行く

 f:id:hama-san2525:20201003142635p:plain

この道を 偶然通りかかったことにしよう

 

セリの声は聞こえるけど

f:id:hama-san2525:20201003142453p:plain

あ、ユンセリの声だ

 

出てこない

f:id:hama-san2525:20201003142801p:plain

行きすぎちゃったぞ

 

来た道を戻り

f:id:hama-san2525:20201003143056p:plain

見つかる前に早く戻らなきゃ

 

自転車の向きを変えて

f:id:hama-san2525:20201003144143p:plain

急がないとユンセリ出てきちゃうぞ

 

また通りすぎて

f:id:hama-san2525:20201003144317p:plain

わ~まだ早すぎたか タイミング難しいな

 

今度はバックしながら戻る

f:id:hama-san2525:20201003144523p:plain

やべ~また戻らなきゃ

 

後ろ向きに坂を上って

f:id:hama-san2525:20201003144827p:plain

次こそ決めてやる

 

やっと出てきたセリ

f:id:hama-san2525:20201003145429p:plain

首尾は上々♪ これでジョンヒョクさんも昇進できそう

 

「ジョンヒョクさん?」

f:id:hama-san2525:20201003150115p:plain

 よし!今度は成功!

 

急に呼び止められてビックリ! なふりをするジョンヒョク

f:id:hama-san2525:20201003150239p:plain 

そしてなぜ君がここに?の演技をするジョンヒョク笑

f:id:hama-san2525:20201003150610p:plain

 

「私を待ってたの?」

f:id:hama-san2525:20201003150731p:plain 

「まさか」

f:id:hama-san2525:20201003150845p:plain

あれ?バレてる? 

 

「たった今そっちから いやあっちから来たところだ」

f:id:hama-san2525:20201003151136p:plain

焦って指の方向間違えてるし

嘘が下手なジョンヒョク

<婚約者>の嘘の時はあんなに堂々としてたのに

 

「この道になぜ?」

f:id:hama-san2525:20201003151407p:plain

 全く違う方向じゃない?

 

「同じ村だから」

f:id:hama-san2525:20201003151513p:plain

ジョンヒョクくん 全然理由になってないよ~

 

「私を待ってたのね?」

f:id:hama-san2525:20201003151630p:plain

顔に書いてあるわよ

 

「違う」「ところで 夜までよその家に?」

f:id:hama-san2525:20201003151732p:plain

ええい!話をすり替えよう

 

「大変だったの」

f:id:hama-san2525:20201003151907p:plain

「リ大尉にはお世話になったし 下っ端の役職から昇進させてあげるために頑張ったんだから 疲れた」

 

「誤解するな 本当は僕にも権力がないわけでは。。」

f:id:hama-san2525:20201003152054p:plain

僕の身分 言えるなら言ってしまいたい

それよりねえ 僕の話聞いてる?

 

「面白い自転車ね 私が前に?」

f:id:hama-san2525:20201003152215p:plain

私が乗れるように準備してくれてるじゃない

それなのに偶然のふりして~

 

 

「遅い時間に出歩くな」

f:id:hama-san2525:20201003152724p:plain

「私を心配してるの?ジョンヒョクさん」

f:id:hama-san2525:20201003152904p:plain

「そうじゃなく」

f:id:hama-san2525:20201003153115p:plain

「何よ」

「気になるだけだ」

f:id:hama-san2525:20201003153243p:plain

「それが心配ってことよ」

f:id:hama-san2525:20201003153406p:plain

「違う」「同じよ」

f:id:hama-san2525:20201003153504p:plain
「違う」「同じなの~」

f:id:hama-san2525:20201003153616p:plain

 

夜の並木道が美しく

ステキなシーンですよね

ジョンヒョクの優しい声

セリの嬉しそうな顔

 

 

 

自転車の のんびりとした動きは

f:id:hama-san2525:20201003154605p:plain

2人の気持ちがゆっくり近づいている様を

表しているようにも感じます

 

そして自転車!

f:id:hama-san2525:20201003155048p:plain

こんなカゴを乗せていても 素敵に見えちゃう~

”ジョンヒョクフィルター”がかかると

こうも変わるとは

 

あと最高なのが出待ちジョンヒョク!

f:id:hama-san2525:20201003155214p:plain

通り過ぎた後

よいしょよいしょと戻るジョンヒョクの姿

なんだか少年のようで

萌え萌え( ´艸`)

 

 

 

ジョンヒョクは北に戻っても

f:id:hama-san2525:20201003155541p:plain

自転車はそのまま 二人乗り仕様でしたね

セリとの思い出を乗せて走っているんですね

 

 

今回はここまで

最後までお付き合いありがとうございました

 

 

 

帰り道が心配で迎えに行った事があったな

f:id:hama-san2525:20201003160017p:plain

今思えばあの時にはもうユンセリのことを好きになり始めてたんだな

 

何度も通り過ぎて私のこと待ってたのね

f:id:hama-san2525:20201003160135p:plain

それって 好きになり始めじゃなくて もう完全に好きでしょ

 

え?そうかな?

f:id:hama-san2525:20201003160428p:plain

 

認めないとデコピンしちゃうぞ

f:id:hama-san2525:20201003160601p:plain

 

ハイ!リジョンヒョク素直に認めます‼️ 

f:id:hama-san2525:20201003160720p:plain