ハマさんの韓国旅

韓国語が話せなくてもここまで楽しめる!ハマさんが韓国旅のあれこれをお届けします。旅ができない今は韓国ドラマ「愛の不時着」について色々と語ってます。

セリを探すジョンヒョクと 一緒に見た初雪【愛の不時着】

本日もご訪問ありがとうございます

 

「愛の不時着」の視聴は

スマホかPCかテレビなんですが

視力矯正したらもっとキレイにくっきり見えるのかしら?

と思い始め

近々眼科に行こうと考えてます

ここ数年視力が落ちてたものの

裸眼で何とか堪えてましたが

不時着をキッカケにコンタクトデビューしてみようかなと

どうでもいい話でしたねスミマセン

 

では今回もよろしくお願いします

この色の部分は私の創作です

(創作であって考察ではありません)

 

6話

平壌のホテル

スンジュンと待ち合わせのセリ

f:id:hama-san2525:20201004210302p:plain

 

「お~スンジュンさん」

f:id:hama-san2525:20201004210937p:plain

「”すらっとしてカッコいい”わね」

 

「南では”すらっとしてカッコいい”は別の意味か?」

f:id:hama-san2525:20201004210826p:plain

いうね いうね~ ジョンヒョク負けず嫌い笑 

 

「ジョンヒョクさん早く行って 私も行くわ」

f:id:hama-san2525:20201004211340p:plain

婚約者と会うんでしょ

 

「言われなくても 行こうと…」

f:id:hama-san2525:20201004211514p:plain
ユンセリあっさりしてるな なんか寂しいぞ

 

 

食事が終わりダンたちを見送るジョンヒョク

f:id:hama-san2525:20201004211741p:plain

セリとスンジュンを見かけるが

f:id:hama-san2525:20201004211636p:plain

目を離した隙に姿が見えなくなる

f:id:hama-san2525:20201004211848p:plain

2人を探すジョンヒョク

f:id:hama-san2525:20201004212049p:plain

 ユンセリどこへ行ったんだ!

 

あそこにいた

f:id:hama-san2525:20201004212259p:plain

f:id:hama-san2525:20201004212147p:plain


 

夜の街を散策するセリとスンジュン

f:id:hama-san2525:20201004212440p:plain

反対側の道から付いていくジョンヒョク

f:id:hama-san2525:20201004212626p:plain

ジョンヒョクにはユンセリの顔しか見えていない 

 

ユンセリの笑顔

f:id:hama-san2525:20201004213006p:plain

スンジュンの笑い声も聞こえる

 

楽しそうだなユンセリ

f:id:hama-san2525:20201004213222p:plain

一体何を話しているんだ

 

スンジュンといることで

セリが南の雰囲気をまとい

f:id:hama-san2525:20201004224500p:plain

複雑な心境のジョンヒョク

 ジョンヒョクはもしかして初めて嫉妬という感情を?

 

そしてバスで視界が遮られ

f:id:hama-san2525:20201004213633p:plain

また姿を見失う

 

辺りを見回すジョンヒョク 

f:id:hama-san2525:20201004213742p:plain

必死の表情で2人を探す 

 

監督者でもなくボディーガードでもなく

セリのことを好きな いち男性として

探してますよね?

この場面のジョンヒョクの表情が

もう切なすぎて切なすぎて。。

 

 

公園を歩くセリとスンジュン

f:id:hama-san2525:20201004214221p:plain

バッジを着けていないため

取締りに詰問されるが

f:id:hama-san2525:20201004214052p:plain

自分は英国の外交官で

f:id:hama-san2525:20201004214442p:plain

朝鮮語が分からないと言って難を逃れる

 

うまくいって タッチ!

f:id:hama-san2525:20201004214732p:plain

韓国男子スンジュンはスキンシップも自然 

 

そこへ2人を見つけたジョンヒョクが現れ

f:id:hama-san2525:20201004224654p:plain

ずいぶん探したんだぞユンセリ 心配かけるな

 

セリはスンジュンと別れ

ジョンヒョクと帰ることに

f:id:hama-san2525:20201004214957p:plain

 

 大同江でビールを飲みたいというセリのリクエストで

 チキンとビールの店へ

 

生ビールとチキンを楽しむ2人

f:id:hama-san2525:20201004215604p:plain

久しぶりに生ビール飲みたかったの

 

すると停電になり ロウソクが運ばれてくる 

f:id:hama-san2525:20201004215913p:plain

流れていた音楽が消え静かになり

ロウソクの灯りで幻想的な雰囲気に

 

そして電気が点くと 窓の外には雪が

f:id:hama-san2525:20201004220659p:plain

 

「雪だわ」

f:id:hama-san2525:20201004220515p:plain


 「初雪よね?」

f:id:hama-san2525:20201004220828p:plain

 雪がどうした? ユンセリ何をそんなに驚く?

 

「大変なことになった」

f:id:hama-san2525:20201004221015p:plain

 

「初雪を一緒に見ると恋が芽生えるの 知らない?」

f:id:hama-san2525:20201004221413p:plain

ジョンヒョクさんと初雪だなんて嬉しい

 

「だけど私たちは芽生えちゃダメよね」

f:id:hama-san2525:20201004221255p:plain

ユンセリ近いぞ 酔ってるな? 

 

「ああ 芽生えたらマズい」

f:id:hama-san2525:20201004221549p:plain

本当のこと言うのねジョンヒョクさん

 

「マズい?どうしてよ本当は婚約者と見たかった?」

f:id:hama-san2525:20201004221715p:plain 

今日 日取りが決まったんでしょ?私知ってるんだから

 

お酒が進み 

ジョンヒョクの肩にもたれかかるセリ

f:id:hama-san2525:20201004222100p:plain

ジョンヒョクが指でセリの頭をどかす

f:id:hama-san2525:20201004222201p:plain

「重い?」

f:id:hama-san2525:20201004222306p:plain

「かなり」

f:id:hama-san2525:20201004222354p:plain

「何よこんな小さい頭が重いって言うの?」

f:id:hama-san2525:20201004222522p:plain

「少しだけ我慢して 私の頭が重いのは」

f:id:hama-san2525:20201004222643p:plain

「頭の中が混乱してるからなの」

f:id:hama-san2525:20201004222837p:plain

「帰れるのになぜ混乱する」

f:id:hama-san2525:20201004222946p:plain

「喜べばいいのに」

 

「幸せなの」

f:id:hama-san2525:20201004223101p:plain

「 幸せだから混乱してるの だからなの」

「何も知らないくせに」

 

セリはとうとう口にしてしまいましたね

帰国の日が近づいてくる

でもジョンヒョクへの想いも増してくる

好きだけど どうすることもできない

 

南に帰れる嬉しさ

北でジョンヒョクと過ごす幸せ 

混乱しますよね

 

 

〜そして初雪について~

セリも説明してますが

韓国の人にとっては

特別なイベントで

重要な意味を持つそうです

 

セリにとっては

ジョンヒョクと一緒に見れて嬉しい

でも彼は今日結婚の日取りが決まった

複雑ですよね 

 

 

 

 今回はここまで

最後までお付き合いありがとうございました

 

初雪の場面で使われている曲

「もう一度私は、ここに」

 

 

ユンセリを探し出せなければ

f:id:hama-san2525:20201004230359p:plain

初雪を一緒に見れなかったな

f:id:hama-san2525:20201004230525p:plain

危なかった 間に合ってよかった

 

初雪が僕ではなく

f:id:hama-san2525:20201004230831p:plain

クスンジュンと一緒だったらと考えると冷や汗ものだ

 

ジョンヒョクさん覚えてる?

あの湖でも雪が降ってたわ

f:id:hama-san2525:20201004231236p:plain

あれも初雪だったはずよ

f:id:hama-san2525:20201004231432p:plain

何年も前に一緒に初雪を見ていたなんて

やっぱり私たち運命ね

f:id:hama-san2525:20201004231049p:plain