ハマさんの韓国旅

韓国語が話せなくてもここまで楽しめる!ハマさんが韓国旅のあれこれをお届けします。旅ができない今は韓国ドラマ「愛の不時着」について色々と語ってます。

ジョンヒョクの深い愛「孤独になるな 僕がいるから」【愛の不時着】

韓国ドラマ「愛の不時着」

私目線で総括しています

この色の部分は私の創作です

 

今回はセリが帰国する際の

別れのシーンです

f:id:hama-san2525:20200913001308p:plain

 

 

9話 

 緊急交代で前哨地に入った第5中隊

 

夜になるのを待ち

ジョンヒョクが

軍事境界線までセリを送っていく

 

 「元気で」

「日常に戻り 何もなかったかのように」

f:id:hama-san2525:20200913001539p:plain

 

「私を心配してる場合? 大丈夫よ私は元気に過ごすから」

「やることが山ほどあるから すぐ日常に戻れる」

f:id:hama-san2525:20200913002139p:plain

セリは悲しみに襲われないよう

務めて普通に振る舞う

「いつも通りにお金を稼いで じゃんじゃん使うし」

「仕事も頑張って 男とも会うわ」

 

「男と会うだと?」

f:id:hama-san2525:20200913002533p:plain

 「会わないでほしい?」

「いや。。好きにしろ」

 

ジョンヒョクは

セリがそんなつもりもなく

わざと言っていると分かっているが

 

「言ってなかったか?哀悼の期間が必要だと」

f:id:hama-san2525:20200913002943p:plain

「確か6ヵ月だった」

3話でセリが言ってましたね

 

「それはあなたへの要求よ」

f:id:hama-san2525:20200913003354p:plain

「日常に戻れと言ったくせに」

セリちゃん強気 

嫉妬してほしいのかな

もういじめないであげて〜


 「”男のもとに”とは言ってない」

f:id:hama-san2525:20200913003646p:plain

「何もなかったように過ごせって」

「”男と過ごせ”ではなかった」

 

「。。。6ヵ月ならいいの?」

f:id:hama-san2525:20200913004825p:plain

 

「まあ。。」

f:id:hama-san2525:20200913004946p:plain

 

「分かった 6ヵ月だけ別れを哀悼するわ」

f:id:hama-san2525:20200913005356p:plain
「私たちは運命よ」 「考えてみて」

「スイスで偶然会ってたし 北朝鮮でまたこうして会えた」

 

何も言わずセリを見つめるジョンヒョク

f:id:hama-san2525:20200913005625p:plain

そして 先ほどとは変わり

優しく見守るようなまなざしで

「男に会ってもいいし 何もなかったように過ごしてもいい」

「その代わり 孤独にはなるな」

「景色のいい場所に行って 消えようなんて思うな」

 

「僕がいるから」

f:id:hama-san2525:20200913010054p:plain

 

 「そばにいないくせに」

f:id:hama-san2525:20200913010332p:plain

 

「そばにいなくても 君が寂しくないように いつも思ってる」

f:id:hama-san2525:20200913010706p:plain

「いつまでも幸せでいてくれ」

「それが僕の願いだ」

 

これまでも別れの挨拶はしてきたけれど

今度こそは本当に最後

 別れたら2度と会えない2人

 ジョンヒョクの愛の深さが伝わります

 

別離後 ジョンヒョクはセリだけを想い

生きていくつもりでしょう

常にセリの幸せを願い

来る日も来る日もセリの幸せを祈り

生きていくことでしょう

 

自分はそばにいて守ることができない

だからどうか

死を考えるな 孤独になるな

 

 

 

10話 ジョンヒョクの回想シーン

前哨地の民家で

「切実に願えば 会いたい人に会えるかな」

f:id:hama-san2525:20200913011136p:plain

「願うしかない 願ってないと生きていられないから」

 

離れた後 2人はお互いを思い

f:id:hama-san2525:20200913011832p:plain
会いたいと切実に願いながら生きていく

 

 

 

ついに軍事境界線に到着

f:id:hama-san2525:20200913012221p:plain

前方の木を指さし

「そこまで行けば南の捜索隊が出入りする扉がある」

「もうすぐ早朝の組が来るから助けを求めて」

 

「念のため あそこまで一緒に行って」

f:id:hama-san2525:20200913012835p:plain

 

「ここからは一歩も越えられない」

f:id:hama-san2525:20200913013127p:plain

将校である自分が線を越えることはできない

 

セリは涙を流しながら境界線へ

f:id:hama-san2525:20200913013548p:plain

 

ゆっくりと線を越えるセリ

f:id:hama-san2525:20200913014324p:plain

 

しばらく見守っていたジョンヒョクだが

セリを追って境界線を越える

f:id:hama-san2525:20200913014710p:plain

 

セリの腕を引き

f:id:hama-san2525:20200913014900p:plain

 

「1歩くらいはいいだろう」

f:id:hama-san2525:20200913014042p:plain

f:id:hama-san2525:20200913015106p:plain

f:id:hama-san2525:20200913015305p:plain

 今この瞬間だけは 

将校ではなく ただ1人の男として…

f:id:hama-san2525:20200913015536p:plain

 

 

 

 

ユンセリの姿が見えなくなった

f:id:hama-san2525:20200913020125p:plain

南の兵士らしき男の声が聞こえる

何も起きていないな

どうやら無事に保護されたようだ

ユンセリ 離れていても 

いつも君の幸せを願ってる

 

 

 

 ~おまけ~

<愛の不時着クイズ>

問題:ジョンヒョクがダンの叔父から借りた車は次のうちどれでしょう?

f:id:hama-san2525:20200913022519p:plain

(A)ボルボ

(B)プジョー

(C)ジャガー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は(C)ジャガーでした

f:id:hama-san2525:20200913020422p:plain

この車のナンバー729の威力ハンパなかったね!