ハマさんの韓国旅

韓国語が話せなくてもここまで楽しめる!ハマさんが韓国旅のあれこれをお届けします。旅ができない今は韓国ドラマ「愛の不時着」について色々と語ってます。

ジョンヒョクから届く予約メール【愛の不時着】

「愛の不時着」

このドラマが好きすぎて

自分なりに総括しています

この色の部分は私の創作です

(考察ではありません)

 

 

16話 

退院後自宅に戻ったセリ

ジョンヒョクがいない事を実感し泣き崩れる

f:id:hama-san2525:20200906222630p:plain

 誕生日の夜

「今日泣いたからもう泣かない 免疫ができた」と言ったセリ

ジョンヒョクに心配をかけないように

あの時は強がっただけ

 


ベッドに入り

ジョンヒョクのピアノを聴きながら目を閉じる

 

そこへメールの着信音

f:id:hama-san2525:20200906223543p:plain

 

 まだ起きてるのか?

今読んでいるということは そうなんだな

f:id:hama-san2525:20200906222850p:plain

メールの送り主はジョンヒョク 

 

 「ジョンヒョクさん、どういうこと?」

f:id:hama-san2525:20200906222225p:plain

もしかしてまたソウルに来たの?

セリは一瞬そんな期待を持ったかも

 

まだ君のことが心配だし

言いたいこともある

f:id:hama-san2525:20200906225105p:plain

このタイミングで届いたメール

今日あたり自宅に戻り

一人で泣いているかもしれない

夜も寝付けないのではないか

そう、セリの事を誰よりも分かっているジョンヒョク

 

だからメールに残そうと思う

f:id:hama-san2525:20200906224847p:plain

メールを打つときに指輪をしてくれているのが嬉しい 

直前はこの服だったからね

f:id:hama-san2525:20200908212630p:plain

 

一番 言いたいことは本棚に残した

『ユンセリ 愛してる』

f:id:hama-san2525:20200906225726p:plain
君がくれたメッセージへの返信だ

もうこの本は 一生このまま動かせないね

 

 

別の日の朝

おはよう

f:id:hama-san2525:20200906230150p:plain

 

朝食抜きはよくない リンゴだけでも食べて

f:id:hama-san2525:20200906230451p:plain

 二人ともリンゴ切らずに 丸かじり~

離れていてもやることは同じね

 

 

運転する時に前を見るのはいいことだけど

たまには横にも注意を払って

f:id:hama-san2525:20200906230756p:plain

ジョンヒョクさん あの時の事を言ってるのね

 

「婚約者がいる

とジョンヒョクさんに言われたあの日

f:id:hama-san2525:20200906231123p:plain

アロマキャンドルでときめいた後の

あの言葉で 私ちょっと頭にきて 興奮しちゃったんだったわ

 

 

食事をする時は

1人ではなく仲間と楽しくおいしく食べる事

f:id:hama-san2525:20200906232021p:plain

 

送ったメッセージの内容は自分も実行

f:id:hama-san2525:20200906232137p:plain

 

12時半から30分間 散歩をしよう

僕もその時間に歩くよ

f:id:hama-san2525:20200906232650p:plain

この空はあなたのいる場所に続いてるのね ジョンヒョクさん

ユンセリ 離れていても同じ空の下だよ

 

 

時折届くメールはセリに活力を与え

セリはジョンヒョクを感じながら

日々を過ごすことができている

ジョンヒョクらしい優しく温かなサプライズプレゼント

 

 

ジョンヒョク NISの調査で真実を語り

北へ送還されることになった

残された時間でユンセリのために何ができるだろう

f:id:hama-san2525:20200906233414p:plain

僕がいなくても彼女には毎日を楽しく過ごしてほしい

せめて手紙でも送ることができたなら

そうだメールの送信予約ができるだろうか?

 

 

12話 セリズチョイス インテリア部門オープンのイベント

f:id:hama-san2525:20200906234030p:plain

 

特別ボーナスを知らせる一斉メール

f:id:hama-san2525:20200906233725p:plain

 

その光景をを思いだすジョンヒョク

f:id:hama-san2525:20200906233848p:plain

 

課長さんメールの予約送信ってできるの?

やり方教えてくれません?

f:id:hama-san2525:20200906234646p:plain

課:うーん他の人には内緒だよ

 

すみませんね 悪いことには使いませんから

f:id:hama-san2525:20200906234829p:plain

課:もう会えないんだもんね 特別だよ

 

課:私はね 君に心を打たれたんだよ

f:id:hama-san2525:20200906235106p:plain

 

ずっと離れず何日もユンセリさんを見守り続ける君にね

f:id:hama-san2525:20200907002914p:plain



 

この予約メールというサプライズがなければ

ジョンヒョクが去った後の喪失感が大きく

f:id:hama-san2525:20200906235711p:plain

セリが日常に戻るのには時間がかかったことでしょう

一人で泣く日も たくさんあったでしょう

 

でもジョンヒョクはセリが泣かないよう

お互いを感じられるよう

精一杯の愛を残してくれました

 

 

またジョンヒョクも

メールを残したことで そばにセリを感じ

別離後の悲しくつらい日々を

セリを思うことによって過ごすことができてます

 

 


ああ、今書いていても泣けてきます

もうジョンヒョク素敵すぎます

 

 

 

あなたはどちらのジョンヒョクがお好み?

f:id:hama-san2525:20200907000850p:plain

f:id:hama-san2525:20200907001154p:plain

え、選べない

 

*この場面の曲「偶然のような運命」